今勤めている会社を辞めたいと思ったら、何から手をつければ良いのか確認しておきましょう。
転職活動を成功させるためには入念な準備が必要です。単に辞めたいからと言ってすぐに退職願いを提出して良いというわけではありません。円満に退職すれば転職活動もスムーズに進むでしょう。

 

今の会社に退職願を出す前に、直属の上司に対して退職の意思を告げなければなりません。
しかし、会社が一番忙しい時期に辞めるということは、できれば避けた方がいいでしょう。繁忙期がある業種なら繁忙期が過ぎてひと段落してから退職の意思表示をするか、数ヶ月前から伝えておき繁忙期が終わってから退職したい旨を告げておきましょう。

 

今すぐ辞めたいと思っても

通常は一ヶ月余裕を持たなくてはなりません。
その間に後任を決めたり引き継ぎを行うことになります。場合によっては引きとめられることもありますが、自分に合った別の仕事に就きたいという思いが強ければ素直に伝えましょう。マイナスな退職理由を挙げるよりは、前向きな理由の方が納得してもらえる可能性が高いと言えます。資格を取ってスキルアップがしたいといった退職理由なら円満退職がしやすくなります。退職願の書き方にはマニュアルがあるので、参考にしながら書きましょう。

 

会社で働きながら転職先を探すコツ

働きながら転職活動をおこなうことは、様々な制約があり難しさが伴います。
現職の合間をぬって転職先を見つけ出すには、活動範囲は退勤後の時間帯や休日に限られることになります。退勤後ともなりますと、募集側としての対応も終了している時間帯になりますので、実際の会社訪問をはじめとする就職活動は、休日に絞られます。更に、土日などに採用面接を実施している企業も少ないことから、限定されたものになりがちです。

 

平日は、ネットを利用して職場を探すことに専念します。転職サイトに登録することで、応募にあたっての諸条件に見合った企業が見つかりやすくなります。どうしても対応してくれる曜日などが限定されている場合は、有給を取得せざるを得ません。そのためにもできるだけ早いアポイントをとっておく必要があります。

 

現職において、急な出張命令が下されることもあります。会社命令ともなりますと、拒否することはできません。募集企業に対しては、訪問や採用試験の日程調整を迅速に依頼することが大切になります。
現職に迷惑がかからないように転職活動を行うことが、社会人としての礼儀でもあります。立て続けに有給を消化することも、周囲に不安感を与えることになりますので注意が必要です。

 

 

会社を辞める手続きをするのに注意したいこと

転職する為に会社を自分の個人的理由などで辞めるのは、自己都合として会社が処理する事になります。そして会社が倒産もしくは、会社を解雇されてしまった時は、会社都合の理由での退職理由として処理されます。その理由が記載されるものは離職票という書類で、会社を辞める事になった後日に会社から郵送もしくは、直接受け取りに行く事になります。

 

この時点では、まだ退職理由がわかりませんが、離職票を受け取りそこに会社を辞める事になった理由が書いてある内容が自己都合の時は、退職後にハローワークで手続きしても失業給付金が貰えるまでに3ヶ月間は給付制限の期間がかかってしまいます。しかし、この退職理由を会社が記載したとしてもハローワークで会社都合に変更する手段があります。

 

どういうことかと言いますと会社都合の場合、給付制限の期間がなくなって直ぐに失業手当が頂けるわけですが、自己都合を会社都合に変えてもらえる事が出きる場合があるということです。方法は、会社を退職後に頂いた離職票の退職理由についてハローワークで申立の手続きをする事です。

 

それは、会社を辞める3ヶ月前までの期間に月の残業時間数が45時間を超えてる場合は、ハローワークに異議申立てをすることで会社側と交渉してくれます。最終的にハローワークがその退職理由を決められることになってますので、その会社を辞める3ヶ月前までに月残業数が45時間超えてたら会社都合の退職理由に変更される場合があります。そうなれば、転職ができるまでの生活の支えである失業保険が給付制限がなくなり直ぐに支給されるようになります。

 

 

会社を辞めても良質な人間関係を保つのに大切なこと

会社を辞めるには人それぞれの理由があります。待遇面であったり人間関係であったり、場合によっては他社から引抜を受ける事もあるでしょう。
しかし最悪の状態で辞めるのは、上司や同僚などと喧嘩して辞めることでしょう。ついカッとなって喧嘩をする人がいますが、社会人になってから他人と喧嘩しても何一つ良い事はありません。

 

喧嘩をしなくても転職のために、会社を辞めなくてはならなくなる場合があります。この様な場合でも人間関係には十分注意して、最後の最後まで良好な関係を保てるように努力しましょう。人によってはもう明日から来なくてもよい会社なので、今までの辛い事のウサ晴らししてやろうと、とんでもない事をする人がいます。
立つ鳥跡を濁さずの諺どおりに、今までの上司や同僚また部下に対して礼節を持って別れましょう。どこでどの様な評判が立つか、辞めてからも慕われ尊敬されるような評判であって欲しいものです。人はどこでどの様なかかわりを持つか、分らないのがこの人間社会なのです。新しく入社した会社に良い評判が伝わるのと、悪い評判が伝わるのでは、新しい会社の人々の見る目が変わってきます。
今までお世話になった会社や上司や同僚そして部下からも、惜しまれて転職できるようにありたいものです。

適職診断の結果に合致していてもその企業が適職かどうかは判断できない

自分に合った職業を探す手段として適職診断があります。転職や就職のサイトが提供しているものや、職業安定所などで展開している適職診断もあります。
どの方法も簡単なアンケートに回答していき、最終的にどのパターンにあてはまるかによって自分の適職を判断してもらうものです。
アンケート結果から出る適職の区分は、営業職や技術職、接客業など業種の種類で判断されます。

 

しかし、昨今の企業の傾向からするとこれらを複合した職種である事が多くなっています。
営業職だからと言って、必ずしも終日営業だけをしていればいいという会社は少なくなっているのです。
企業はマルチプレーヤーを望んでいます。なんでもできるスペシャリストが望ましいのですが、そんなスーパーマンのような人は存在しません。
従って、ある程度はすべてできるが、そのなかで何に長けているのかを長所として判断しているのです。

 

逆に言えば、できない分野があるとそれは、単純にマイナス面としか捉えられないのです。
適職診断で、適職が見つかったとしても、それ以外の事ができなくても問題ないかと言えばそういった事はないのです。
何にでも適用できる能力が、現代社会の企業においては必要なのです。

 

得意な分野で不得意分野をカバーする事はできます。営業でコミュニケーションが得意な人は接客も得意なはずですが、デスクワークは苦手な事もあります。
こういったデスクワークを改善するために何をいているのか、何に取り組んでいるのかが明確であれば、成長過程にあると判断してくれるのです。
今、自分が何が得意で何が不得意なのかは、自分自身を見つめ直さないと発見できません。

 

適職診断は、それを見つけてくれる手助けをしてくれるものであると認識するのが一番ではないかと思います。
適職に付く事ができれば一番ですが、適職に就けている人はそう簡単にはいません。
そのため、仕事上でのストレスが発生するのです。適職を会社で行うために努力する事が一番の近道なのです。

 

会社は、ある程度の業務上の制限はしていますが、仕事のやり方は、自由なところが多いのです。
むしろ新しい発想で新し事にチャレンジする事を求めているのです。それを自由な発想で行う事ができれば、今勤めている会社からの評価も高くなっていくのです。
企業が存続していくためには、改革が常に必要です。外部の改革ではなく、内部からの改革が必要なのです。それを実現するのは、社員一人一人であるのです。

自分の人材価値を知るためには?

自分の人材価値を知るためには、転職エージェントへ登録することがおすすめです。
転職エージェントでは、職務経歴や転職希望条件を匿名で登録しておくことで、スカウトによる企業側からのオファーや、キャリアアドバイザーによる適性力をチェックしてもらう事ができます。

 

これまで自分が培ってきた経験や能力が、転職の市場でどれくらい求められているのか?という事をある程度把握することができます。
現段階で転職を考えていなくても、将来的にはキャリアアップしていきたいと思っている方にとっても、自分の価値を確かられる事から非常に便利なサービスとなっています。

 

また、年齢による転職への不安がある方も、会社を辞めてしまう前にエージェントに登録をすることで、理想の会社に巡り合えるのかを確かめることができます。

 

すでに会社を辞め、退職して転職活動をしている方にとっても、エージェントでは履歴書、職務経歴書の書き方から、面接時にアピールすべきポイント等を全面的にサポートしてくれますので、年齢による転職への不安がある方は無料登録をして活用してみてください。